直線上に配置
カメラをどう持つか
 
 山における一眼レフの持ち方が決まらない。よい方法はないものだろうか。フィルムカメラの時代はザックに入れておき、その都度ザックから出して撮影していた。景色の良いところでは首から下げて撮っていたが、デジカメ時代となり、行動中に撮る写真の枚数が劇的に増えてしまったのだ。
 いちいちザックから出すのが面倒になり、何か方法はないものか考えていた時、山で他の人が使っていたロープロのトップローダーズームを見て、これだと思った。最初は付属のストラップを肩からたすきに掛け歩いていた。これだと、さっと取り出すことができ、シャッターチャンスに強くなった。
  ところが、しばらくすると、不満が出てきた。岩場では足元が見えないことと、首のあたりが痛くなることだ。
 他にも腰ベルトに金具がついていてカチッと止めることができるものもあるが、値段が高いのとカメラを保護する機能がないので、やめにした。
 さらなる改善をどう図るか。トップローダーををザックの横に細引きでくくり付ける方法はどうだろうか。多少バランスが悪くなるのと、ザックを背負ったままでは、手が届きにくいが、やって見る価値がありそうだ。
 決定版はないものか。

トップ アイコントップページへもどる
直線上に配置
inserted by FC2 system